« 「いけちゃんとぼく」 | トップページ | パソコンの不調 »

2007年9月30日 (日)

研究授業終了…

 年に一度の勤務校の公開研が終了しました。今年は教科書教材「アラスカとの出会い」を対象に、教材の世界観を使った小説書きにチャレンジし、「読み」を深めるための「書き」の可能性を追ってみました。
 昨年教科書教材「ゼブラ」のリライトの際に用いた手法を使って、キーワードを使った小説の構造表を作り、任意の一枚の写真を背景とした、星野道夫さんを主人公とする物語を創作させました。
 私の予想をはるかに超える作品が仕上がりました。私のHPをご覧になってくださっている皆さんにもお見せしたいのですが、実在の人物を主人公とした物語ということ、写真集中の作品を対象としているということもあるので、公開については慎重に条件整備をしてからと思っています。
 羽仁進さんの「学校で教えてくれないこと」という小説のなかに、主人公の発言として「人の一生の中で最も頭がいいのが赤ん坊の頃で、次が16歳頃だ。」という内容があったと記憶しています。最近本当にそれを実感させられています。

|

« 「いけちゃんとぼく」 | トップページ | パソコンの不調 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「いけちゃんとぼく」 | トップページ | パソコンの不調 »