« またまたささやかな幸せ | トップページ | ダイエット!? »

2007年12月23日 (日)

映画の「陰陽師」

 ずいぶん前に、「小説の『陰陽師』は好きだが、映画の『陰陽師』は趣味ではない。」等と書いた。考えてみれば映画の制作者の方々に失礼なことを書いたものだ。ブログは自由に自分の意見を、見てくれるかも知れない誰かに発信できるのが魅力だ。特に熊男のような世間的になんの権威も持っていないちっぽけな人間にとっては、貴重な自己表現の場となる。しかしだからといって、好き勝手に言葉を吐いていいわけがない。

 先日、国語教育関係の雑誌をめくっていると、『陰陽師』を監督した滝田洋二郎さんのインタビュー記事が載っていた。小説版『陰陽師』の中で監督が好きなシーンとして、主人公の二人が「呪」について語り合っている箇所があげられていた。その上で小説と映画とは別のものであり、それぞれが異なる目的と魅力とを持っているということが語られていた。全くもっともだと思う。

 思うに、映画作りはそれ自体一つの社会みたいなものなのだろう。理想、金、現実、夢、芸術性、その他その他、矛盾する様々な要素の結節点に作品が位置している。様々な人々の思惑が絡み合い絡み合い、それぞれがぎりぎりの妥協点を見つけて、かすかなバランスを保ったところに作品が成立する。

 滝田さんの作品『阿修羅城の瞳』なんかも結構おもしろかった。前に書いたように阿修羅像が好きなので、なんとなくテレビ放映されたのを見始めて、つるつる最後まで見てしまって、見た後の満足感もあった。滝田さんの作品は、ワンシーンに金をかけすぎて、他のシーン、特にラストがしらけてしまうというようなことがなさそうだ。全体のバランスを保つために、うまく制作予算を使っている様子がよく分かる。たぶん彼は様々な人の心を紡ぎあわせるのもうまいのだろう。

 まあ、採算を度外視して突っ走ったような、『キャシャーン』とか『地獄の黙示録』みたいな映画も嫌いではないのだが。(自分自身がそういうタイプだからなのかも知れないが…^^;)

追記 上記の国語教育関係の雑誌とは、光村図書が出している「国語教育相談」というものだ。最近読み直してみて、滝田さんの映画の作り方が、国語の授業の作り方に似ていることに驚かされた…等と書くのはこれまた相手に対して失礼かも知れませんが^^;国語教育関係書籍に載せたコメントだから、最初から意識なさっていたのかも知れませんが。 

|

« またまたささやかな幸せ | トップページ | ダイエット!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまたささやかな幸せ | トップページ | ダイエット!? »