« 「春の歌・桜の歌」 | トップページ | 「熊男の住処」今後の予定 »

2008年4月 8日 (火)

誰かのため…

 ひとは「誰かのため」と思った時に一番強くなれるのだろう。
 しかしその思いが強すぎると、時に冷静な判断力を欠き、周囲とのバランスを崩し始める。
 
 結局、「誰かのため」などという思いは、自分に対する免罪符のようなものであって、押し殺していた「個」を表に出すきっかけにしたいだけなのかも知れない。
 (フロムなんかも「誰かのため」などといった動機は他者依存から来るものに過ぎないと言っている。)

 前にこのブログで「ただ人の間で生きているだけでいい」と書いたが、これもちょっと気を許すとすぐに暴れ出す「自分」を押さえ込むための単なる屁理屈かも知れない。
 純粋に自分のためだけに生きた方が、むしろ健全かとも思う。なぜなら「自分」を本当の意味で生かすことは、「自分」につながっている全てのものを生かすことにほかならないから。(結局それは「ただ人の間で生きる」ということなのかな…)

|

« 「春の歌・桜の歌」 | トップページ | 「熊男の住処」今後の予定 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「春の歌・桜の歌」 | トップページ | 「熊男の住処」今後の予定 »