« 希望的観測 | トップページ | 誰かのため… »

2008年4月 6日 (日)

「春の歌・桜の歌」

 春と桜の歌ばかり集めたNHKの特集番組である。

 3月は、7日に卒業式が終わったら、ちょいと個人的なイベントの後すぐ高校入試が11日、そして合否結果が14日、その4日後に突然転勤を言い渡され、そこからここまでは後片付けやらなんやらでばたばたと走ってきた感じだ。あまりにあわただしかったので離任式の日にも涙さえ出なかったが…。

 涙は、映画とか、小説とか、歌とか、何か枠を与えられた方が出やすいようだ。歌を聞きながら泣いた泣いた。
 確かフロイトが、夢についてこんなふうに説明していた。日頃心の奥に押し込められていた思いが眠りに紛れて、意識の表面に水の泡が浮かび上がって来るように現れ出たものだと。
 いわばそれは心の奥に悲しみがたまりすぎないようにするための安全弁のようなものだ。映画とか、歌とかも、夢と同じような機能を持っているのだろう。

 まあ、涙が出そうな時は、出してしまうしかなかろう。

追記  そういえば妙に熊男と共通点が多い出演者がいたな…。

|

« 希望的観測 | トップページ | 誰かのため… »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日は仕事が遅くまでかかったので今ごろ一息ついていますdash
学生のころ、洋楽でしたが、ラジオで流れていた「スマイル・アゲイン」という曲(グループ名は記憶の彼方へ...coldsweats01)を初めて聞くはずなのに「ぷつり」と何かがはずれたように号泣したことあります。
熊男さんが涙を流した曲は何という曲なんでしょうねear

投稿: 赤いスィートピー | 2008年4月 7日 (月) 00時40分

どの曲というか、途中から見始めたので、「ハナミズキ」あたりでスイッチが入って、「さくら」なんて卒業式そのままだし、もう最後までずるずるのげほげほ状態でした。(単なる花粉症か?)

投稿: 熊男 | 2008年4月 7日 (月) 15時00分

その曲はひょっとしたらギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」では?学生の頃というお話ですから^^;

投稿: 熊男 | 2008年4月 7日 (月) 23時22分

ご丁寧にありがとうございますhappy01
あれから、わたしもどうしても気になってPCでしらべましたら、
遥か彼方の記憶がよみがえりましたshine
ハンガリー出身のグループでニュートン・ファミリーの「スマイル・アゲイン」でしたhappy02
「サンタ・マリア」とか「ドン・キホーテ」とかのヒット曲があります。ご存知でしょうかcoldsweats01
海外音楽音痴のわたくしはどうも曲と歌い手さんんの名前がすぐ浮かんできませんのでギルバートさんはちょっとわかりませんthink
スミマセンdown

投稿: 赤いスィートピー | 2008年4月 8日 (火) 14時54分

余計な質問をしてしまいました。ニュートン・ファミリーってミニオーケストラ風ロックバンドみたいなやつでしたっけ…。何となく聞き覚えがあります。ギルバートさんの歌も聴けばああこの曲かってわかりますよ^^

投稿: 熊男 | 2008年4月 8日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 希望的観測 | トップページ | 誰かのため… »