« 今ごろ『バカの壁』 | トップページ | 雨 »

2008年9月23日 (火)

地上波下さい

 実は今住んでいる所(4年目に突入)は、でっかいマンションの影になっていて地上波が入らないのだ。それで私は衛星放送しか見ていないのだが、時々やっぱり地上波でも見たい番組があって、そんなときはやっぱり電波がほしくなる。
 ちょっと前にNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で宮崎駿監督の特集をやっていたはずなのだが、あれはいつになったら衛星放送でやってくれるのだろうか…。

 インターネットの番組紹介ページで宮崎さんのその番組の概要を見せてもらったが、監督のお母さんのエピソードについては納得させられる点が多かった。『千と千尋の神隠し』あたりから、象徴主義手法が多用されるようになったと思うのだが、中でも「かおなし」には明らかにグレートマザーのイメージがあると感じていた。『千と千尋』が思春期の少女の心理を描いた作品であることには(非常に)納得できるのだが、「かおなし」の存在だけがまるで男の子を前提とした設定であり、しかも女の子にとってもっと重要であるはずの他のキャラクター以上の存在感がある。その理由が監督とお母さんとの関係を知ったとき、妙に納得できたような気がする。「生きること」で書いたように、教師である私が仕事をしながらこっそり自己カウンセリングしていたのと同じなのかも知れない。

 作品や仕事内容についてあれこれ言われても、自分のことについてはあれこれ言われたくないのは誰しも同じであろう。戯言はこのくらいでやめておくが、宮崎監督自身がそのエピソードを人に語ったということは、それを語ることについて我々が許されたということなのかも知れないが。

|

« 今ごろ『バカの壁』 | トップページ | 雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/42570425

この記事へのトラックバック一覧です: 地上波下さい:

« 今ごろ『バカの壁』 | トップページ | 雨 »