« 胃カメラ | トップページ | 不安さん »

2008年10月 3日 (金)

胃カメラの顛末

 胃カメラ飲んできました。なかなか貴重な体験でした。これまでウン十年、幾多の試練を乗り越えて、少々のことには参らないはずの私も、検査中ずーっと「早く、早く、早く、早く、終わってくれ~。」とひたすら念じ続けていました。

 終わった後に、実際に撮影した38枚の写真を見せてもらいました。胃の内壁はそれはそれはきれいなピンク色で、十二指腸からにじみ出る胆汁の黄色い彩りも鮮やかでした。(記念に一枚もらって帰ればよかったなぁ…)

 血液検査の方も、この10年では最も「正常」な数値になっており、「野菜しか入っていない酢豚」その他の効果が出ているようです。こうなったらこのまま20代の体を手に入れてやりましょう。

 文体が微妙に投げやりなのはたぶん気のせいです…^^;


|

« 胃カメラ | トップページ | 不安さん »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/42672877

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラの顛末:

« 胃カメラ | トップページ | 不安さん »