« わかるわかる~ | トップページ | 第115回全国大学国語教育学会(福岡)終了 »

2008年11月17日 (月)

白髪鬼

 小学生の頃、別府という坂の多い町に住んでいた。中学生だった姉が朝、坂道を下って学校に向かっていたとき、高校生らしき一団がどたどた坂を駆け下りていきながら、叫んだそうだ。
「いそげー○×、いそがんと白髪鬼に殺されるぞー。」
 彼らが駆け下りていった方角には、親父の勤め先の高校があったそうな。「白髪鬼ってまさか…。」

 最近、白髪鬼二世が誕生しつつある。
 特別嫌とは感じない。むしろホワイトヘアードデビルとか銀狼とか、イメージだけで元気が出そうなので、そのままペルソナの一つにしてやってもいいぐらいだ。
 ちなみに髪の毛の色は一度もいじったことはない。どこかの作家が言っていたが、髪の色を変えると世界が変わったような気分になるのだそうだ。そんな程度で「世界」を変えてしまおうとすること自体安易すぎる。まあ、自然に変わってしまうのは仕方なかろう。こうなったら司馬遼太郎でも目指してやるつもりだ。

 昨日、眉毛の中に白髪の最初の一本を発見した。さすがにちょっと感慨深いものがあった。

|

« わかるわかる~ | トップページ | 第115回全国大学国語教育学会(福岡)終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
わたしのダンナは在学中にその方を存じ上げているそいうです。
...ということは親子2代...ていうことですね(*^-^)

投稿: 赤いスイートピー | 2008年11月19日 (水) 21時45分

 お久しぶりです^^
 いや、この業界(?)では、うちの親父を知らない人の方が少ないぐらいで、熊男は「白髪鬼さんの息子さん。」ということで面識のない人からもよく話しかけられます。いい意味でも微妙な意味でも私のアイデンティティに影響を与える存在ですね。(親父なんだから当たり前か…)

投稿: 熊男 | 2008年11月19日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/43146095

この記事へのトラックバック一覧です: 白髪鬼:

« わかるわかる~ | トップページ | 第115回全国大学国語教育学会(福岡)終了 »