« 「熊男の住処」10000人目 | トップページ | 「羊をめぐる冒険」 »

2008年12月19日 (金)

聞くこと

 「聞く」ことは私のような職種の人間にとっては、不可欠なテクニックの一つだ。若い時はわざわざ自費で「聞き方」の研修に参加したりしていた。それが最近は、年を取ったせいか、仕事抜きで単純に「聞く」ことが楽しくなってきた。

 「楽しい」というのは正確な表現ではないかも知れない。「聞く」ことで自分以外の誰かの人生が心の中に入ってくる。悲しい体験、楽しい体験、それがどのようなものであれ、私自身の経験とせめぎ合い、まるでさび落としのように心を新鮮にしてくれる。職業柄、たくさんの人々とすれ違って生きているが、そのどれにも興味がある。今でも心を静めると、「あの話をもっと聞きたかったなあ」とか「その事件は結局どうなったんだろう」と夢想が止まらない。

 本や映画の中の世界も、まだまだ刺激的だ。しかし、生の人の心の持つ「非現実化」の力は、時として虚構以上だ。じじいになって、それらを冷めた心で見つめられるようになってきたということなのかも知れないが…。(どこが冷めているんだとつっこまれそうだが^^;)

 ああ、人の話を聞きたい。(ひょっとしたら「しゃべりすぎる教員」なので、本人もしゃべり飽きたのかも知れません…)

|

« 「熊男の住処」10000人目 | トップページ | 「羊をめぐる冒険」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/43468848

この記事へのトラックバック一覧です: 聞くこと:

« 「熊男の住処」10000人目 | トップページ | 「羊をめぐる冒険」 »