« 難解な文章を読む時 | トップページ | たまにはちょいと暗い話(読み飛ばすことをお勧めします) »

2009年2月 5日 (木)

バガボンド

 コーエン兄弟の話題で、「『心』の現実に対する圧倒的な影響力」について書いた。漫画で同じテーマを追求しているのが、「バガボンド」だろう。

 連載が始まった頃は、「吉川英治の『宮本武蔵』と全くかわんないなぁ。」と思っていた。味付けだけ変わっていると感じ、あまりいい印象はなかった。
 武蔵が宮本村を脱出した頃から、この印象ががらっと変わって、今度は「これのいったいどこが宮本武蔵なんだ??」となった。子供の頃、原作が好きだったので、「そこまで変えてしまわなくても…」とも感じた。

 読むのが楽しみになり始めたのは、柳生のじいさん達とあったあたりで、この辺から作品としてのオリジナリティがどうだとかいった領域を完全に脱して、「バガボンド」という一つの作品になり始めたと感じる。(世間的に既に圧倒的な評価を受けている作品に対して、偉そうなもののいいぶりだと自分でも思うが、まあ日記と言うことで笑って許していただきたい^^;)
 そして「心の現実に対する影響力」が、明確なテーマとなって作品の底を流れ始める。しかし、そこまで揺れに揺れた結果のような気もする。作者もキャラクター達と一緒に修行していたのではないかとさえ思う。

 そして精神的な怪物である吉岡清十郎の登場。そこから始まる吉岡一門との戦いを通して描かれる、「剣」という、人の精神がつくりだす「現実」を超えた「現実」。現実を支配する圧倒的な「こころ」の存在。
 
 正直、ラストをみたくない。このままずっと連載が続いてほしい作品の一つである。

|

« 難解な文章を読む時 | トップページ | たまにはちょいと暗い話(読み飛ばすことをお勧めします) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/43967113

この記事へのトラックバック一覧です: バガボンド:

« 難解な文章を読む時 | トップページ | たまにはちょいと暗い話(読み飛ばすことをお勧めします) »