« ファンネルとメタ認知 | トップページ | バガボンド »

2009年2月 4日 (水)

難解な文章を読む時

 難解な文章を読むのは楽しい。犯人を簡単には推理できない方が推理小説がおもしろいのと同様に、難解な文章は難解であるほどおもしろい。

 難解な文章を読み解くのは、たくさんのノイズの中からかすかな主旋律を聴きとるようなものだ。特に翻訳された本などは、あちこちに誤訳があったりして、本の核にはなかなかたどり着けない。そういうときに大事なのは、遠くの景色を眺めるように文章と向かい合うことだ。そうすると複雑な地形の奥に、かすかな主旋律がだまし絵のように浮かび上がってくる。

 本に価値があるかどうかを心配する必要はない。本の価値は最初に出会った瞬間にわかる。これは映画も同じだ。私は大抵最初の10分間でその映画がどの程度おもしろいかわかる。本も開いてぱらぱらとめくっただけで、装丁や文字の密度、バランス、様々な情報がその本の価値をこちらに伝えてくる。それは肌で感じるものと言っていい。

 もちろん最初の直感が外れることもある。そういうときはまた別の発見があったりするものだ。少なくとも本を見る目は養える。

|

« ファンネルとメタ認知 | トップページ | バガボンド »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/43957177

この記事へのトラックバック一覧です: 難解な文章を読む時:

« ファンネルとメタ認知 | トップページ | バガボンド »