« 洋楽が好きだ(った) | トップページ | ワンシーン »

2009年4月 1日 (水)

「時間ネタ戯言」再び

 時間が流れてないと仮定すれば、「時間意識」の相互主観性を問う必要が無くなるのではないのかなと、だいぶ前からの思いつきだけど、ネタ切れっぽいので書いてみました。いや、いつもの戯言ですから、深読みしちゃあいけません。

→ 関連記事「ステレオグラムと時間意識

 まあ、4月1日にはふさわしい話題でしょう^^


追記

 「時間が流れていない」といっても、我々の周囲の世界は不断に変化し続けているのだから、正確に言えば「我々が日常的に認識しているような形での『時間』は実際には存在していない」ということになるのかな。我々が光と音でしか世界を認識できないのと同じように、「時間」も人の認識可能な形でしか認識できていないのでは?ということです。まあ、こういってしまえばどこかでだれかが普通に書いていそうな話になりますが…。

|

« 洋楽が好きだ(った) | トップページ | ワンシーン »

「時間意識」戯言」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/44534355

この記事へのトラックバック一覧です: 「時間ネタ戯言」再び:

« 洋楽が好きだ(った) | トップページ | ワンシーン »