« 検索ってまあしかし | トップページ | 熊男家の定番 »

2009年6月22日 (月)

「グローバル化のゆくえ」を研究授業する前に生徒達に言ったこと

「これを小説にしたら、村上春樹氏の新作になるぞ!」


※ これは微妙にはったりでした。『自由からの逃走』なら十分にその資格があるとは思いますけどね。そもそも私が『羊をめぐる冒険』を好きな理由と、『自由からの逃走』を好きな理由とは、根っこのところが完全に一つなのです。(「リトル・ピープル」って「匿名の権威」なんじゃないですか?)『柔らかい個人主義の誕生』に「自由からの逃走」という単語が出てきますので、山崎正和さんがフロムを意識していたのは確実だとは思いますし、「グローバル化のゆくえ」=「村上氏の新作」は、私なりの本心ではありましたが。

|

« 検索ってまあしかし | トップページ | 熊男家の定番 »

修士論文「『自己認識』を促す国語教育の研究」戯言解説」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/45424190

この記事へのトラックバック一覧です: 「グローバル化のゆくえ」を研究授業する前に生徒達に言ったこと:

« 検索ってまあしかし | トップページ | 熊男家の定番 »