« 13年ぶりです。 | トップページ | 派手好き!? »

2009年11月 8日 (日)

まあ秘密にしなきゃいけないような話でもないだろうから

 県の読書感想文の審査を今やってます。

  審査は各学年3人ずつ、それぞれの作品に対して五段階の評定で審査します。自分の知っている生徒に高得点付けたり、逆に遠慮して低い点を付けたりしないように、応募票をはいで、どの学校の作品かもわからないようにしてやります。(まあもちろん自分の教えたことのある人物の作品は文体やら何やらである程度わかっちゃいますけどね)。

 自分が現在勤務校で担当していない学年ということで、今年は1年と2年の審査を担当しました。現在までのところ2年の50作品を読み終わったところです。

 もちろん教員ですから、学習指導というスタンスからは離れられないのですが、なにしろ各学校の代表クラスの作品ですから、そんな立場にあっても個人として楽しめる作品も結構あります。

 大分県は去年のセンター試験で国語が全国4位と聞きましたが(書いていいのか?^^;)、読書感想文もなかなかのものです。日本の将来は明るい!と久しぶりににんまりさせられました。

|

« 13年ぶりです。 | トップページ | 派手好き!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/46712296

この記事へのトラックバック一覧です: まあ秘密にしなきゃいけないような話でもないだろうから:

« 13年ぶりです。 | トップページ | 派手好き!? »