« 贅沢も13年ぶりなら | トップページ | トゥルーレッド »

2009年12月 9日 (水)

表と裏

 昔、自分の心が硬くなった時
 目を閉じて、
 両手をアンテナのように水平に伸ばして、
 周囲の空気を
 心の中に取り入れようとした。

 素粒子の世界では
 原因と結果の関係がひっくり返ることもあるらしい。
 (何のことだかわからないが…)

 伸ばした指先から360度の現実が心の中に流れ込んでくる。
 因果の波を泳ぎながら
 やわらかい目を開く。


追記

 本日、私の教え子の皆さんにはおなじみの、恒例の詩の授業をしました。それでこんな文章になってしまったわけです。いやなんだか心から漏れ出てきてしまった言葉なので、出来不出来は不問と言うことで^^;
 

|

« 贅沢も13年ぶりなら | トップページ | トゥルーレッド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/46981029

この記事へのトラックバック一覧です: 表と裏:

« 贅沢も13年ぶりなら | トップページ | トゥルーレッド »