« 「羊をめぐる冒険」を好きなわけ | トップページ | 「科学」と「文学」 »

2010年1月28日 (木)

「いちばん平仮名が多い選択肢が正解だ」

 これは私がセンター試験対策の授業でよくしゃべるセリフだ。

 たぶん、本当にある程度は当たっていると思うのだが、当然例外などいくらでもあるのであって、これを鵜呑みにする生徒もいないだろうし、これについて「先生はうそばかりつく」と言われたこともない。

 国語の教員だから、まあ少しは国語の問題を解いた時の正解率は高いはずだ。だから、自分が問題を解いた時に脳みその中で起こっていることを生徒に伝授すればいいのだが、それはもちろんそう簡単なことではない。「真実」を伝えようとすると、複雑すぎてかえって「真実」から遠ざかる。だから「ひらがなが正解」などと一見奇をてらったことを言って、そこから少しずつ「真実」に近づいていくのだ。

 しかし、当然「熊男先生は変なことばかり言う。」とつっこまれても仕方がないわけであって、まあそういう意味では隙だらけの人生をこれまで送ってきたわけだ。実際この言葉は、コンテクストを外してしまったらほとんど詐欺師のレベルだ。それを今までつっこまれたことがなかったのは、理解のある生徒保護者に恵まれていたということなのだろう。だいぶ年もとったし、あまり奇策は多用しないよう心がけるつもりではいる。


追記

 これは、誤答の選択肢が、漢字でこてこてした大げさな内容になりやすいということからくるポイントです。本文の内容理解が甘い時、生徒は正誤を見た目の雰囲気で判断しやすくなるものですから、それを戒める目的もありました。
 たぶん統計処理したら、本当に「ひらがなの多い選択肢」は、「鉛筆転がし」よりは高い確率で正解になると思いますよ^^;まああくまでもその程度でしょうが…。
 
 

|

« 「羊をめぐる冒険」を好きなわけ | トップページ | 「科学」と「文学」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/47415820

この記事へのトラックバック一覧です: 「いちばん平仮名が多い選択肢が正解だ」:

« 「羊をめぐる冒険」を好きなわけ | トップページ | 「科学」と「文学」 »