« 光行差 | トップページ | 春の布団 »

2010年3月27日 (土)

宇宙の中心で深呼吸をしよう!

 我々は「地球の表面」で生活している。
 ところで「地球の表面」には中心があるのだろうか?「地球」の中心のことではない。「地球」という球体の中心は我々の足下深くの、マグマの中だ。私が言いたいのは我々が現在生活をしている「表面」の話だ。

 グリニッジ天文台?あれは人間が仮に設定した時刻の基準に過ぎない。私が言いたいのは、物理的、本質的な中心だ。そういう観点で考えると、「地球の表面」には中心はない。
 あえて言えば、中心はどこだ?と探している自分自身のいる位置が、自分にとっての「地球の表面の中心」といえるだろう。
 我々のいる場所から飛行機にでも乗って、まっすぐに東に向かうと、何日か後には地球をぐるりと回って西から帰ってくる。したがって私が今いる場所は、私に最も近く、同時に最も遠い場所(地球一周分)、といえるかも知れない。これは、地球上で生活している人全てに当てはまる。
 そう考えると、人の数だけ「中心」がある。みんな地球の端っこになんかいない。それぞれの人々が、それぞれの世界の中心で生きている。

 それでは宇宙の中心はどこだろう?
 「ポアンカレ予想」に対する私の理解が正しいとすれば、「地球の表面(二次元)」について言えることが、「宇宙全体(三次元)」でも同様に言えるということになる。
 つまり、東の空に向かってまっすぐに出発した宇宙船が、(何万年かかるか知らないが)西の空から帰ってくる。したがって私たちはそれぞれ一人ひとりが、自分に最も近く、同時に自分から最も遠い場所(宇宙一周分)に立っていると言える。

 私たちは宇宙の中心で生きている。端っこなんかじゃないから、少々手足を伸ばしてみても「宇宙の果て」なんかに引っかかったりしない。気持ちよく深呼吸出来るではないか!

|

« 光行差 | トップページ | 春の布団 »

「時間意識」戯言」カテゴリの記事

コメント

鶴たかの一年八組です。先生のブログ面白いhappy02
授業も一番好きです。happy01
特に
  「採点者はアホと 
        思えsign03」ていうのが面白い。
いや、深いな〜っと思いました。
これからも楽しい授業よろしくお願いしますhappy02sign03sign03

投稿: 鶴高生 | 2010年4月22日 (木) 22時05分

コメントありがとう!
期待に応えられるよう、がんばりますね。
(ちなみに実名は出さなくていいですよ^^;)

投稿: 熊男 | 2010年4月22日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/47920623

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の中心で深呼吸をしよう!:

« 光行差 | トップページ | 春の布団 »