« サイエンスZERO 「五感の迷宮 1.錯覚から迫る視覚の謎」 | トップページ | しかしこのブログ… »

2010年4月29日 (木)

あくまでも「たぶん…」という話

 「無意識」とか「原的直観」とか「共時態」とかのように、実証するのは難しいけど、それが真実であることが何となく伝わってくるようなタイプの用語は、いつか全てニューロンの発火パターンで説明可能になるのではないかと、『日経サイエンス』の今月号を読みながら妄想した。

追記

 そういえば「ダークマター」って「エーテル」を連想しません?子供の頃に読んだ『失敗の科学史』に出てました。誰かがツイッターで同じことをつぶやいていた…^^;

追追記

 『日経サイエンス』の今月号を読んで、初めて「基底」という言葉の意味を理解した。誰かがつぶやいていたなあ…。

|

« サイエンスZERO 「五感の迷宮 1.錯覚から迫る視覚の謎」 | トップページ | しかしこのブログ… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216436/48216210

この記事へのトラックバック一覧です: あくまでも「たぶん…」という話:

« サイエンスZERO 「五感の迷宮 1.錯覚から迫る視覚の謎」 | トップページ | しかしこのブログ… »