« 『月刊国語教育』1月号 | トップページ | 「時間の幅」と「言葉」 »

2010年12月23日 (木)

スケジュール管理

 実はこの年になるまで、スケジュール管理というものを一度もしたことがなかった。これは忘れてしまうような用事は、最初から忘れてしまって良いものなのだという信念に基づく。(うそです)。

 それがふとしたことがきっかけで、「Googleカレンダー」を使ってみたのだが、いやまあ正直これほど便利なものとは思わなかった。実際使って見てわかったが、メモ用紙に書き込んだりするよりはるかに楽である。「TODOリスト」と併用すると、仕事がはかどるはかどる。
 それに気づくと同時に、これまで生きてきた「仕事人」としての20数年間が恐ろしくなった。よくまあ手帳も持たずにこれまで生きてこれたものだ。(そういえばちょっとこの間も、締め切りのあるものが絶体絶命の状態まで追い込まれた。何とかなったが。)

 実際には、スケジュールなんて管理しなくても記憶だけで何とかなるものだが、「ひょっとしたらやらなきゃならないことを忘れているかも知れない」という無意識のプレッシャーに悩まされずにすむだけでも価値がある。いや本当に。

|

« 『月刊国語教育』1月号 | トップページ | 「時間の幅」と「言葉」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『月刊国語教育』1月号 | トップページ | 「時間の幅」と「言葉」 »