« "Now" that is eternity existence | トップページ | 時の始まり »

2011年12月 4日 (日)

「時間認識という錯覚 -2500年の謎を解く-」

第1部 2500年に渡る謎
   1「現在」には幅があるか?
   2 ゼノンのパラドックス 
   3 フッサールの時間論 -内的時間意識の現象学-
第2部 時間認識という錯覚
   1「今」と「過去(残像)」の融合 -ステレオグラム的時間意識-
   2「蛇の回転」はなぜ動く?
   3 ニューロンが作り出す時間の幅 -ニューロンのループ反応-
第3部 意識の実体 -言葉という音楽-
   1 なぜ我々は幅のない時間の中で思考できるのか?
   2 言葉と音楽の共通性
   3 意識の実体 -時間認識という自己意識-
第4部 謎が開く扉
   1 観察者のいない現実
   2 人工知能はなぜ作れない?
   3 時間認識という原的な直観


(注)架空の本の章立てです。うっかり本当に書いてしまうかも知れませんが…。

|

« "Now" that is eternity existence | トップページ | 時の始まり »

「時間意識」戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« "Now" that is eternity existence | トップページ | 時の始まり »