« FF11 -実は少なからず私の生き方に影響を与えたもの- | トップページ | 第六章に書かなかったこと -あるいは一種の「錬金術」- »

2015年2月28日 (土)

雪山登山

 相変わらず、『時間認識という錯覚』第六章にエネルギーをとられており、新しいアイディアもそのまま文章の中に組み込んでしまっているので、なかなかブログが書けずにいる。そうこうしているうちにあっという間に2月も終わろうとしている。

 六章はいよいよ最終節を書こうとしているような段階で、"quantum as a sphwerical wave"とかの検索キーワードでも北米Googleで検索上位に出てくるようになってきているので、ねらい通りに進んでいると言っていいだろう。しかしもちろん、そんなことばかりをしていたわけではない。

 1月から2月にかけてもっとも思い出深いのは「冬山登山」を始めたことだ。

Huyuyama

 知り合いが、そういう方面の趣味を持っており、装備一揃えを購入した上でのチャレンジである。そもそも山は好きだったので、最高の思い出になった。

 ツイッターで、リアルタイムで写真をアップしていたが、その中でも良いやつを選りすぐって時々公開しようと思う。

Yama

Ike_2

 

|

« FF11 -実は少なからず私の生き方に影響を与えたもの- | トップページ | 第六章に書かなかったこと -あるいは一種の「錬金術」- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FF11 -実は少なからず私の生き方に影響を与えたもの- | トップページ | 第六章に書かなかったこと -あるいは一種の「錬金術」- »