« ボゾンとフェルミオン ー「スピン」とは何かー | トップページ | クォーク(カラー)閉じ込めの原理(その②) -量子色力学の「白」の意味- »

2015年8月18日 (火)

海外旅行ハプニング集

 生まれて初めての個人の海外旅行に行ってきた。アルプス山脈モンブランのふもとシャモニーに4日間、パリに2日間の贅沢な旅である。
 ツイッターで旅日記的に写真付きの書き込みをしていたので、その中でも「ハプニング」といえるようなものを箇条書きでまとめてみた。

① 大分空港で子供がはさみを持ち込んだ機に乗り合わせる。

 乗り込んで出発準備が整った機をいったん降り、あれやらこれやらのチェックの後、手荷物再検査からやり直した。乗り継ぎにぎりぎり間に合ったからまあ笑い話ですんだけど。全国紙とかでも報道されたらしい。

② 海抜3842mのエギュイ・デュ・ミディで財布を落とした。

 エギュイ・デュ・ミディは、シャモニーの街からロープウェイでいける山のてっぺん。正確に言うと、財布を落としたのは氷河を観覧するための小さなゴンドラの中だった。すぐに気づいたので係員に申し出たが、たまたま一人で行動している時だったので、片言英語で(フランスなのに)四苦八苦しながら状況説明した。ゴンドラが50分後に戻ってきて、奇跡的に財布を取り戻せた。めでたしめでたし。

③ アルプス山脈の紫外線をなめてて、やけどに近い日焼けになった。

 耳の先までぱりぱりになったので、予想をはるかに超える強さだった。両腕が特にひどく、記念写真も撮ったけど、とてもネット公開できるようなものじゃない…。日焼け止め必須でしたな。

④ ジュネーブに向かう高速で、牛とトラックが衝突事故を起こした所に遭遇。

 タクシーの運転手さんが何故だか高速を降りたので、理由を聞いてみるとそういう話だった。これも乗り継ぎには影響なく、問題なし。

⑤ 帰りの飛行機で上から水が降ってきた。

 食事の片付け中の、キャビンアテンダントのミスでした。結構びしょ濡れになった。いや、俺、なにも嫌われるようなことはやってないよな…。

|

« ボゾンとフェルミオン ー「スピン」とは何かー | トップページ | クォーク(カラー)閉じ込めの原理(その②) -量子色力学の「白」の意味- »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ボゾンとフェルミオン ー「スピン」とは何かー | トップページ | クォーク(カラー)閉じ込めの原理(その②) -量子色力学の「白」の意味- »